即日で手に入れるための基本や審査のコツ、おすすめのカードローン会社などを紹介するサイト。

カードローンを即日で借りるために知っておきたい2つの基本

即日借り入れという文字を指さす

即日で借り入れが出来るカードローン会社の数

カードローンを即日で借り入れしたいと思うなら、まずは「無人契約機(自動契約機)等、
カード発行をその場でしてくれる機器が使えるカードローン業者を選ぶ」というところから始めるのが一番です。


なぜなら、こうした無人契約機等の、「カード発行が可能な機器」を通じての申し込みが、
もっとも即日借り入れできる可能性が高いからです。


「即日振り込み」をうたうカードローン業者も数多くありますが、振り込みはどうしても「他行あての振り込みは午後からだと厳しい」などという制約がある分、実際の融資が翌日以降となってしまうケースも、多々出やすいのです。


さて、無人契約機と言えば、プロミスやアコム・アイフルなど大手消費者金融業者が有名ですが、実は近年では、大手銀行の中にも、こうした機器を使ったシステムを導入しているところがあります。


無人契約機やそれに近い機器を備え、即日カード発行が可能となっている大手銀行としては


三菱東京UFJ銀行三井住友銀行新生銀行

の3銀行が挙げられます。


三菱東京UFJ銀行は「テレビ窓口」、三井住友銀行は「ローン契約機」、そして新生銀行は、かつて消費者金融だったレイクを銀行カードローン化することにより「レイクの無人契約機を活用し続ける」というスタイルをとっていますよ。


銀行カードローンの即日契約を狙うなら、この3銀行から選ぶのがおすすめと言えるでしょう。

即日借り入れオッケーマーク

即日契約の流れと必要な物

無人契約機でのカードローン即日契約を目指す際に、忘れてはいけないのが「必要書類を持参すること」です。


必要書類としてまず挙げられるのは、運転免許証や健康保険証などの、本人確認書類です。


運転免許証と健康保険証の両方を持っている、という人は、運転免許証を提示するようにしましょう。


運転免許証は、顔写真があること、偽造が困難、などという理由から、健康保険証よりも格上の本人確認書類として扱われますし、業者によっては「カードをその場で発行するための本人確認書類は、運転免許証しか認めない」というケースもありますよ。


あと、源泉徴収票などの収入証明書類が手元にあれば、これも持って行くのがおすすめです。


近年では「ある程度の金額までは、収入証明書類なしで貸し出す」というスタンスのカードローンが多いのですが、現実には少額の申し込みであっても、審査内容によっては提示を求められるケースもたまにありますからね。